>

レイアウトにこだわってみよう

柔らかいソファーが良い

それぞれのソファーによって、固さが異なります。
柔らかいソファーが良いと思っているなら、しっかり触ったり座ったりしながら確認してください。
家具屋に行くと、ソファーが置かれています。
座って試せるので、気になるソファーがあればどんどん座ってください。

さらにソファーには、座れる人数が決まっています。
ですから、家族の人数も考慮して決めなければいけません。
4人家族なら、4人で座っても窮屈にならないように大きいサイズが必要です。
また、ソファーに寝転がって昼寝をする人も大きめのソファーを用意しましょう。
狭かったり固かったりするソファーでは、寝ていると身体を痛めてしまいます。
広くて柔らかいソファーで、ゆったりしましょう。

テレビを見やすい位置

ソファーに座りながら、テレビを見る人が多いと思います。
しかしソファーやテレビの位置が低いと、見にくくなってしまいます。
ですからテレビが見やすいように、角度や高さを調整してください。
テレビの高さが足りない場合は、テレビ台を活用しましょう。
ソファーに座った時に、テレビが目線になるように配置してください。

するとソファーに座りながら、好きなテレビ番組を楽しめます。
ストレス解消にも繋がるので、テレビとソファーのレイアウトは妥協しないでください。
また、ある程度テレビからソファーを離すことがポイントです。
それらが近すぎると、ずっとテレビを見ていると次第に目が痛くなります。
最低でも、2メートルほどの距離を確保しましょう。


この記事をシェアする

トップへ