>

小物を収納できる棚

縦に長い棚を購入する

小物が多くていつも部屋が散らかっている人は、棚を設置してください。
そこに並べると、汚く見えることはありません。
ただ棚を購入する時は、サイズに気を付けてください。
部屋の面積に対して、大きすぎる棚では邪魔になってしまいます。
他の家具を置けなくなりますし、自分が生活を送るスペースも狭くなります。

そうならないよう、縦に長い棚が良いですね。
床から天井までのスペースをうまく使って、小物を収納してください。
棚の中身を他人に見られたくない場合は、目隠しカーテンを付けるのが良い方法です。
ごちゃごちゃしていると汚く見えますし、生活感を隠したい場合もカーテンを付けるのがおすすめです。
生活感を隠すと、オシャレな雰囲気になります。

自分で作ってみよう

棚を置くスペースがない部屋では、棚を壁に取り付けてください。
実は、自分で作ることができます。
難しい作業はないので、これまでにDIYをしたことがない初心者でも作れるでしょう。
さらに釘を使わなくても、板を壁に固定できる部品があります。
それを使えば、部屋を傷つけることができない賃貸で暮らしている人でも安心です。

まずは、板を手頃なサイズにカットしてください。
次に壁に部品を取り付けて、その上に板を乗せるだけで簡易的な棚の完成です。
自分で板を綺麗にカットする自信がなかったら、ホームセンターのスタッフにお願いしてください。
その時に料金が発生するかどうかはホームセンターによって変わるので、事前に確かめておきましょう。


この記事をシェアする

トップへ